古着・古布を再利用し、新しい服を作る「リメイク」

サイズが合わなくなって着られなくなってしまった服、デザインが古くなってしまった服や、使い古したハンカチなどを使って、今着られる服や小物を作っています。例えば、紳士物のYシャツから婦人用のブラウスを作ったり、サイズが合わなくなったブラウスを解体し、小さなバッグやポーチにしています。古いハンカチはアップリケのようにバッグに付けたり、何枚もつなぎ合わせてパッチワーク風の風呂敷にします。気に入ったデザイン、柄、布質で、着られなくなったからといって、捨てる気になれなかった服が生まれ変わり、また使い続けることができるので、ますます愛着がわきます。もともと捨てるしかなかった運命の服なので、失敗してもいいという気持ちで解体できるのも魅力の一つです。子ども用のサイズなら、大人の古着一着から作れるものもあり、お気に入りの服を親子でリレーして着ることもできます。新しくて安価な服がたくさんある現代、こんな方法も楽しいです。ファンデーションって何を基準に選んだらいいの