脱毛サロンと医療脱毛の違い

脱毛サロンと医療脱毛の違いについて説明していきたいと思います。脱毛初心者は脱毛サロンと医療脱毛って違うの?と一番最初に疑問に思うかもしれません。同じ毛を抜くのにどうして違うのか?実は脱毛サロンと医療脱毛は同じ脱毛でも違うのです。
まず脱毛サロンについて説明をしたいと思います。脱毛サロンでは脱毛エステといって脱毛以外にも肌のケアや体のケアを行ってくれます。そして脱毛は1年間かけてゆっくりと脱毛をします。脱毛できる部位も部分脱毛や全身脱毛があります。次に医療脱毛についてですが、医療脱毛は医療と名前がつくので医療行為になります。脱毛で医療行為というのはどういうことかというと、永久脱毛ができるのです。では脱毛サロンでは永久脱毛はできないのか?と疑問に思いませんか?脱毛サロンでは永久脱毛はできません。永久脱毛ができるのは医療脱毛だけなのです。ここに脱毛サロンと医療脱毛の決定的な違いがでてくるのです。医療脱毛では医師がいないと脱毛自体もできないのですが、一番重要視されているのが肌のケアです。医療脱毛を行った場合、薬が処方されることがあります。これは脱毛を行うと肌を傷めるので抜けた場所が化膿しないように化膿めが処方されるのです。医療機関なので当然のことなのですが、脱毛サロンではこうはいきません。そのかわり肌のトラブルが起こらないようにパワーの弱い脱毛器を使います。なので永久脱毛ができないのです。

http://xn--uckvfc1396a3faz28bzq0ap11b.xyz/