女性のムダ毛処理の低年齢化。また、メディアによる美意識の過剰広告

先日、小学生の女児がムダ毛の処理や産毛が濃くなってきて悩んでいるという特集をテレビで見ました。昨今は子供の発育が良いことに伴い、このような思春期の女児のムダ毛の悩みが増えているようです。ムダ毛が濃いことで同級生に指摘されたり、時にいじめにも発展しているようです。
いじめの報告件数は今年過去最高のようで、ムダ毛が原因でのいじめが現状あり得るのだと思います。
確かに、成長が早い女の子や体質によって産毛が濃い女の子は私の時代、20年前から見受けられました。友人の中には自分のムダ毛を気にしてカミソリで剃っている子もいました。
今の時代は子供用の低刺激の脱毛器具もあるようで、母親も子供のムダ毛処理に積極的に賛同し、皮膚科やサロンに一緒に通っているようです。
確かに、我が子がムダ毛が濃いことでいじめを受けてしまう可能性を考えると、処理させたくなるのは親心として理解できます。しかし、ムダ毛処理が当たり前になったり、より綺麗な状況を求め、美容への関心が歳不相応になる可能性も秘めているように感じます。
娘の良き理解者であるべき母親なら、子供の心の成長とのバランスも見逃さないように気をつけなければならないことだと思います。

ミュゼ マルヤマクラスで予約を最速で!脇美人になる方法!