肌を見せる季節になると年中行事のようにムダ毛処理

長い冬の厚着から一気に薄着になる季節は、肌を見せることが多くなります。
そんな時に、長い間手入れを怠っていたムダ毛の処理のことが気になります。
慌てて、カミソリでそったりするのが毎年の行事のようになっている人も多いはずです。

脱毛、それも永久のそれを一度受けてしまうと、そういった悩みで苦しむ必要は、以降起きません。
一般的に、体毛は皮膚の下に毛根というものがあり、そこから体毛が生えてきて、一定の長さに成ると成長は止まり、そこで新陳代謝を一定期間繰り返して、その一生を終えます。

体に生える体毛は、頭部も全身のうぶ毛も所謂ムダ毛も同じサイクルをたどります。
毛根ごとに、成長開始の時期が異なるから一斉に毛が生えてきたり、全て抜けてしまうということは起きません。
脱毛の基本は、この毛根を皮膚からえぐり取ったり、あるいは焼き切るとかして機能を壊してしまうことにより、体毛が生えてこないようにしてしまうことです。

毛根を壊してしまう方法には大きく二通りがあり、一つは針をつかって毛根を削除してしまう方法です。
この方法は結構歴史があり、上手な施術を受けることで毛根が完全に無くなってしまうことが多いです。
もう一つはレーザーを照射して毛根を焼き切る方法があります。
少し時間がかかり、何回が施術を受ける必要があります。

最近のエステサロンでは、レーザーを照射する方式が主流になっています。
ただ徹底的に体毛が生えてこないようにしたい場合は医療資格のあるクリニックに行く方が効果は期待できます。
vio脱毛 大阪