肌トラブル防止のための対策

脱毛サロンにより生理予定日の施術予約を避けて頂くことがございます。生理中ですと、肌がとても敏感なので、肌トラブルが起こることを避けるためですを施術を生理中でも断らない店もございます。ですが、アフターケアという、肌トラブル防止のための対策を怠らずにしっかりとしてください。ご存知の通り、VIOの施術は行えません。脱毛エステのお店で施術を受けた後は、きっちりと自分自身でアフターケアをしておきましょう。 続きを読む

ダメージはちょっとキツイ

事実、脱毛クリームはムダ毛の根元の成分である蛋白質を強力に分解するアルカリ成分でムダ毛を分解し溶解し引きちぎるやり方なので、同様にお肌もタンパク質で成り立っているため、お肌に炎症が生じることなどが多少あるかもしれません。
カミソリや毛抜きを使ってケアした後、どうしても皮膚が黒ずんだり、皮膚の下に毛が発生してくることがありえますが、脱毛クリームはムダ毛を溶かしているので、傷めることもなくツヤツヤ・ツルツルな満足いく出来栄えになるでしょう。 続きを読む

除毛クリームで災難が…やっぱり脱毛サロンがおすすめ

私の足の毛は剛毛で、いつも処理には手を焼いてました。
10年以上剃ってごまかしていたのですが、ついに埋没毛となり、剛毛が生えてくる毛穴は赤く膨れ上がってしまって痛々しい状態に…。
とても痒くて皮膚から掻いて出してやらないと、出て来れない状態にまでなってしまいました。
続きを読む

どうせならお得に脱毛サロンを利用したいから

脱毛は気軽に使えるということで脱毛サロンを利用することにしたときにはまずはそれぞれのサロンがどんな脱毛をするのかっていうのは気になるところですが、多くのところでは肌に光を当てて処理するものになっています。これならほとんど痛みもなくてより気軽に利用できるようになっているからとても人気です。 続きを読む

体験コースとは

体験コースを受けるだけのつもりで脱毛エステのお店に行っても、当たり前のように高いコースに勧誘され、契約を迫られる、なんていうイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、ここ最近の様子としては、客を強引に誘ったりする行為を厳しく禁じているお店も増えてきています。 続きを読む

「医療脱毛」と「脱毛サロン」は、一体何が違うのでしょうか?

「医療脱毛」と「脱毛サロン」は、一体何が違うのでしょうか?医師や看護師がレーザーを使って脱毛することを医療脱毛といいます。そして、永久脱毛ができます。脱毛サロンでは、先述の医療脱毛で使用する様な照射の際、強力な光の脱毛機器は使用することはできません。 脱毛サロンは医療脱毛と比較したとき効果では勝てませんが、その分、肌の負担も痛みも少なくて済みますからあえて、選択として脱毛サロンの方にする方もいるでしょう。エステで脱毛をしようと決めた時には、まずは情報を集めることから始めることを強くお勧めします。各脱毛サロンは非常にバリエーションに富み、各エステで、大幅に違いがあります。友人の反応は良いものでも、あなたもそのエステが好きとは限りませんから、よく考えて決めることが大切です。脱毛のサービスが受けられるエステ、サロン、クリニックの中から、何よりもまず、自分の希望に合うものはどれかを決め、店舗を選ぶのはそれからがいいでしょう。 続きを読む

毛抜き脱毛の危険性

ムダ毛を処理する方法はいろいろとありますが、
中でも一番手軽で簡単にできるムダ毛の自己処理方法といえば、毛抜きを使った方法ですよね。

毛抜き自体、とても安く、また、どこでも手に入れることができますし、
場所も選ばないというのも魅力的です。

一見いいこと尽くしに見える毛抜きによる脱毛ですが、実は肌トラブルがおきやすいというのをご存知ですか?

毛抜きを頻繁に使用していると、毛穴が炎症を起こしてしまい、
毛嚢炎をおこしてしまう可能性が高くなります。

毛嚢炎になってしまうと、毛穴が膿んでしまう他、
毛穴が1つ1つ赤く隆起してしまい、見た目がとても悲惨なことになります。

また、他の肌トラブルとして「埋没毛」というものがあります。
埋没毛とは、皮膚の下でムダ毛が渦を巻いている状態のことです。

これは、根元から上手にムダ毛が抜けなかったのが原因とされています。

このように、毛抜きを使った脱毛には危険な肌トラブルがいっぱいあるので、
十分注意しましょう。

気軽に家庭で脱毛できる家庭用脱毛器ですが、このサイトが参考になります。
ケノン 買い時